2020-06

機械学習

スカラーのベクトルによる微分の証明

機械学習の線形回帰において行列、ベクトルによる計算が出てくる。例えば最小二乗法によって各成分の微分を取るとき、要素ごとの計算をしてもいいが、行列、ベクトルの式で計算することで実際にプログラムを書く時にもこれに反映することができるはず。 ...
機械学習

標本平均の期待値が母平均と等しくなることの証明

機械学習を行うにあたって統計は避けて通れず、その中でも基礎部分の標本についてです。標本平均の期待値は母集団の期待値に等しくなります。果たして本当なのか疑問に思ったため、備忘録として残しておきます。 $$E(\overline{X})...
タイトルとURLをコピーしました